【便秘解消@情報館】 -方法・食べ物・飲み物・運動・ツボなど-

【便秘の知識編】 便秘と病気

便秘そのものについては、命の別状がなく、よくあるものなのですが、便秘が引き起こす病気や、病気による便秘もあります。あまりひどい便秘の場合は、きちんと病院で診察してもらうとよいでしょう。

以下に、便秘と関係のある病気を挙げます。

大腸ポリープは、大腸にポリープ(突起物)ができるものです。
ほうっておくと、ポリープからがんになる場合があるので、検査でみつかったときにはたいていその場で切られます。

大腸がんは、便秘の原因であったり、原因になったりします。大腸がんには、直腸がんと結腸がんがあります。
最近の食生活の欧米化によって、急激に増えてきたがんです。
ただ、ほかのがんに比べて進行が遅いので、発見が早ければ治癒率も高いものです。

もし、便に血や粘液が混じっていたり、便が細かったりした場合は、大腸ポリープや大腸がんの可能性もありますので、単なる便秘と軽視せずに、検査してもらうことをおすすめします。

便秘の人に多いのが痔です。特に多いのがいぼ痔(痔核)です。切れ痔(裂肛)もよくあります。
痔は、硬い便を出そうといきむ際に、肛門が切れたり、肛門付近がうっ血したりすること出血するものです。
痔は、出血もあり、とても痛いものです。痛いので排便を我慢するようになり、ますます便が出にくくなるという悪循環を繰り返してしまいがちです。

女性の場合は、子宮筋腫や卵巣膿腫などによる便秘もあります。
病気で子宮や卵巣が腫れて腸を圧迫して、便秘になるのです。ひどい腹痛があったり、便秘がある時期から始まって生活や食生活の改善でよくならない場合は、婦人病の可能性もあります。

その他、便秘によってひどくなる病気としては、アレルギーがあります。
アトピー性皮膚炎や喘息やじんましんは、便秘で体内に毒素が滞ることも一つの原因です。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 【便秘解消@情報館】 -方法・食べ物・飲み物・運動・ツボなど- All Rights Reserved.