【便秘解消@情報館】 -方法・食べ物・飲み物・運動・ツボなど-

【便秘の知識編】 腸内環境について

腸内環境の乱れによる便秘は、様々な悪影響をもたらします。

便がとどまることで、ビタミンやミネラルを摂っても吸収されにくくなります。便の毒素も排出されない間体内にあり、毒素は新陳代謝を低下させるだけでなく、皮膚にまでダメージを与えます。

人間の腸内には、約100種類の、1〜1.5kgもの腸内細菌が腸壁で住みついています。

腸内細菌は、腸内環境に影響を与えるものです。中でも、特に便秘に関係するのが、ビフィズス菌とウェルシュ菌です。

ビフィズス菌は、体に良い影響をもたらす腸内細菌で、善玉菌の一種です。

腸の働きをよくして、便秘を防いでくれます。ほかにも、免疫力を高めたり、発がん性物質を無害化したりします。

ウェルシュ菌は、体に悪い影響をもたらす腸内細菌で、大腸菌やブドウ球菌などとともに悪玉菌の一種です。

便秘だけでなく、大腸がんなどにもかかりやすくなります。免疫力を低下させ、毒素や発がん性物質を作ります。

悪玉菌は悪い面ばかりですが、善玉菌のみの状態がいいのかといえばそうではなく、善玉菌と悪玉菌のバランスが大切で、健康な人であれば善玉菌が多い状態が保たれています。年をとるにつれ、悪玉菌が増えて、善玉菌が減っていきます。

日本人の腸は、昔から肉食だった欧米人と比べ、腸の長さが1.5倍ほどあります。近年食事が欧米化してきたのに、体はその変化についていっていません。つまり、それだけ腸内に便がとどまる時間が長く、便が腐敗しやすくて悪玉菌が増えやすいのです。だから、より腸内環境に気を配らねばなりません。

腸内細菌のバランスをよくするには、ストレスや過労のない生活を送ることと、食物繊維やビフィズス菌などを含む食事をとることが大切です。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 【便秘解消@情報館】 -方法・食べ物・飲み物・運動・ツボなど- All Rights Reserved.