【便秘解消@情報館】 -方法・食べ物・飲み物・運動・ツボなど-

【女性と便秘編】 妊娠中の便秘

便秘の原因を予防するには、適度に腹式呼吸を取り入れるといいでしょう。便秘の原因にかからないためには、未然に防ぐために予防を心がけることが大切です。腹式呼吸は、横隔膜を動かす呼吸法です。最近、日本でもヨガや太極拳や気功など、呼吸法を重視した健康法が取り入れられてきました。正しい呼吸法で、心身の調子が整い、椎間板女性と便秘編としてだけでなく、全身の健康維持にも良いとされています。器具も使わず、ちょっとした時間があれば、気軽にできますので、日々の生活の中に腹式呼吸を取り入れてみるといいでしょう。集中力が高まり、気分転換やストレス解消にも最適です。

腹式呼吸を取り入れることで、腹筋、つまりお腹の筋肉が鍛えられて、腹腔内圧がアップされます。腹腔内圧は、おなかに力を入れたときにかかる圧力のことで、体を支える力になります。腹腔内圧がアップするということは、背骨に負担がかからずにすみます。

便秘の原因にかかった人は、まずは背中の筋肉とお腹の筋肉を鍛えるようにとアドバイスされることが多いようです。だからといって、急に無理な鍛え方をすると、かえって逆効果になります。便秘の原因にかかって、痛みがあるときは絶対に行わないことです。

腹式呼吸は、長時間行う必要はありません。腹式呼吸は、有酸素運動の一種で、自律神経が安定して、リラクゼーション効果がもたらされます。さらに、血流がよくなり、冷え性やむくみ予防・改善対策にもなります。胃腸の本来の作用が活性化され、便秘の予防・解消にもなります。腹式呼吸は、いつでもどこでも簡単にできます。鼻からお腹をふくらませて大きく息を吸い込みます。息を吐き出すときは、口からお腹を引っ込ませることを意識して、ゆっくりと吐き出します。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 【便秘解消@情報館】 -方法・食べ物・飲み物・運動・ツボなど- All Rights Reserved.