【便秘解消@情報館】 -方法・食べ物・飲み物・運動・ツボなど-

【医療で便秘解消編】 浣腸と腸内洗浄

どんなにすぐに効く下剤よりも早く効き、即効性があるのが浣腸です。

浣腸は、グリセリンなどの薬剤を直接肛門から入れて、腸内を刺激して排便させるものです。

薬局などで簡単に入手でき、容量もさまざまな種類が揃っています。使って3〜10分くらいで効き目があらわれます。
利点は、出したいときにすぐ出せるので、自分の都合で排便の時間が決められることですね。

赤ちゃんからお年寄りまで使用できますが、妊婦は早流産の危険がありますので、本来使うべきではありません。

どうしても使いたいときには、必ず医師や薬剤師に相談してから使用するようにしましょう。

手軽ですぐに便秘を解消できるので、つい使いたくなってしまいますが、あまり頻繁に使い続けると、浣腸なしでは排便できなくなってしまったり、腸の粘膜が敏感になりすぎて排便回数が以上に増えたりということもあります。安易に使いすぎないようにしましょう。

似たようなものでは、ほかに腸内洗浄もあります。

腸内洗浄は、肛門から体温程度の温度に温めた滅菌蒸留水を入れて、腸の収縮運動を起こし、腸内を洗浄するものです。

病院でしてもらったり、エステなどで自分で自宅でできる腸内洗浄キットを販売していたりします。

洗浄後は、毒素を含む老廃物がなくなるので、血行がよくなり、肌荒れなどにも効果があらわれるそうです。

これも、必要以上に腸内洗浄を行うと、浣腸同様に問題があります。

便秘によって体調を崩すことになるよりは、浣腸や腸内洗浄によって排便したほうがよいこともあるでしょう。

しかし、浣腸や腸内洗浄は強制的に排便させるという形ですので、頻繁にやりすぎないようにして、自然な排便ができるように他の方法も並行しながら、便秘を改善していきましょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 【便秘解消@情報館】 -方法・食べ物・飲み物・運動・ツボなど- All Rights Reserved.