【便秘解消@情報館】 -方法・食べ物・飲み物・運動・ツボなど-

【体内から便秘解消編】 便秘に効くオリゴ糖

便秘には、腸内環境を整えることが大切です。

腸内環境を整えるとは、簡単に言うと悪玉菌を減らして善玉菌を増やすということです。 善玉菌の代表としてはビフィズス菌があります。

ビフィズス菌は、腸の蠕動運動を促したり、さまざまな体によい働きをするものです。
ビフィズス菌を増やすためには、ヨーグルトを食べるとよいといわれていますが、ビフィズス菌は寿命が短いので毎日こまめにとる必要があります。
ただ摂取するだけでなく、腸内のビフィズス菌を増殖させるというのもひとつの方法です。
そこで、ビフィズス菌のえさとなるオリゴ糖が大切なのです。オリゴ糖を栄養として、ビフィズス菌が増殖します。
善玉菌が増えると悪玉菌は減りますので、腸内環境はどんどんよくなり、便秘も解消されるというわけです。

ビフィズス菌のえさとなるオリゴ糖をとる事で、ビフィズス菌が増殖しますので、二つをあわせてとるとより効果的です。

ヨーグルトとオリゴ糖を含むバナナやココアを一緒に食べるとよいでしょう。
他に、オリゴ糖を含む食材としては、ねぎ、たまねぎ、ごぼう、アスパラガス、納豆などがあります。
甘い割にカロリーが少ないダイエット食品としてオリゴ糖のシロップも出ていますので、コーヒーや紅茶を飲む際に砂糖ではなく、オリゴ糖シロップを使うのもよいでしょう。オリゴ糖を含むお菓子などもたくさん出ていますね。

ただ、オリゴ糖はとりすぎるとおなかをこわす人もいますので、一度にたくさん取りすぎず、様子を見てすこしずつ取り入れるようにしましょう。
なぜ便秘に効くのか、どのように効果があるのかがわかると、より効果的な食べあわせがわかりますね。

ビフィズス菌を増やすために、えさのオリゴ糖もあわせてとり、便秘を改善しましょう。


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2017 【便秘解消@情報館】 -方法・食べ物・飲み物・運動・ツボなど- All Rights Reserved.